ツバメの雛

梅雨の少し前に、ツバメのつがいが玄関先の巣に住み着き始めました。
それからずいぶん経って、
ようやくツバメの雛が孵ったようです。
孵った直後はあまりに小さくて、巣から顔が出てこないんだけれど、
親ツバメガスから離れるのでなんとなくわかりました。
一つでも卵がかえったら餌を取りに出かけるんですね。
孵ったと思われる日から三日くらい経つと、
雛の声が良く聞こえるようになりました。
親鳥が餌を持ってくると、顔を出して元気に鳴いています。
巣の下を通ると、ときどき親鳥が戻ってきたのと勘違いして
顔を出す雛もいますが。
嬉しくて巣の下に長居すると、どんどん顔を出してきて
そのうち巣から落ちるんじゃないかと心配になって来るので
なるべく巣の下には長居しないように心がけています。
巣の中にまだ卵があるのか、
それとも全部孵ったのか、
巣の中は全く覗けないのでわからないことだらけです。
ツバメの巣が用済みになったら、
一度巣の近くに鏡かカメラかを仕掛けてみたいものです。
きっとまた来年やって来ると思うので、
その時には仔細を観察できるように。
って毎年思うんだけれどまったく実行していないのが現実です。
脚立を持ってきて実際にのぞいてみるのが一番手っ取り早いかも。